あなたニキビがありますね


「あなたニキビがありますね」

image

中学生の英語の教科書に出てきそうな簡単な文だなー。

 

 

少し前の話し、夏の中頃かなあ…

季節も変わるし自分のリップ買おう〜って思って化粧品売り場に居て色々見ていて。

 

 

 

バーガンディとかダークレッドとか流行ってるから逆の色にしよ、っていう。

まー天邪鬼なこと考えながら色々と物色していたら、店員さんが声を掛けてきて。

 

 

 

 

「なにかお探しですか?」

 

 

 

 

お探してるからここに居るんだよ〜という意地の悪いことを思いつつ、人の意見も大切ということで相談に乗ってもらうことにした。

 

 

欲しい色は見つかったけど在庫がなくて、でもその色がよかったから残念。って帰ろうと思ったその時に。

 

 

 

 

「ちょっと待って。あなたニキビがありますね」

 

 

 

 

 

 

って言われた。

 

 

その後にニキビに効くっていう美容液のサンプル貰って、結局リップは買わずにお店を出たんだけど。

 

 

なんだか少し悲しい気分になった。

 

 

 

 

普通はそう言われてもサンプル貰ったラッキー!くらいかもしれないし、もしかしたらそのサンプル使ってニキビ治ってこれいい!買おう!って思うかもしれないけど。

 

私の場合は使う気も無かったし、おまけに哀し気持ちにもなった(´・_・`)

 

 

 

なぜなら私の場合は今の肌の状態は去年に比べるとかなり良い状態だからだ。

image

あれですよ、皮膚科に良く飾ってある痛々しい写真状態。本当にあの状態。

 

 

言葉悪いけど、本当に死にたくなった。

毎日鏡見て泣いて、時には泣きながら顔掻きむしってたくらい。

 

 

 

 

でも頑張って頑張って少しずつ改善して、やっと今の状態になったんだけど…

 

 

言われちゃってねーー(´・_・`)少しだけね、悲しくなったんですよ。

 

 

 

 

まーその人もね悪気があった訳ではない事は十二分に分かってるんです。

 

 

ちなみにいうとこうやって言われてちょっとしゅんとしたのは1度や2度ではないのだ。

 

 

友達とか、家族とか。

 

 

 

 

「ニキビ増えたね」

「お前ちゃんと顔洗えよ」

「え、どうしたの大丈夫?」

 

 

 

 

どれも悪気がある訳ではないのは分かってるんです。

最後の言葉は特に心配の言葉だっていうことも分かっているんです。

 

でもね、どれ聞いても思う。

 

 

 

 

 

 

「んなことわかっとんじゃ!!」

 

 

 

 

毎日鏡見てるし、痒いし、痛いし、薬飲んでるし、塗り薬ぬるし、空いた時間で治す方法調べるし。

 

 

 

やってるんだよ!!!!

って思ってしまったんですよ、すみません。

 

 

 

 

それだけね、凄いデリケートなことだと思います。ニキビの問題って。

 

 

そういうデリケートな問題は肌だけじゃないけど、もっと知って欲しい。

 

 

 

 

頑張ってないわけじゃないし、気にしてない訳じゃないんですよ。

人一倍気にしてるし、人一倍周りの目が気になるんです。

 

 

 

 

そして今ニキビに悩んでる人に。

 

ニキビを減らすのに必要なのは過度な洗顔でも、高い化粧品でも、サプリでもないから!!!

 

 

ほんの少しの見直しそれだけ!!

 

 

 

私もまだまだ改善出来てないのですが、去年藁にもすがる思いで色んな記事をみまくりました。

 

その時に自分だけじやないんだな、とか新しい知識とかを得られたので。

 

 

 

ニキビの原因は一つではないので、合う合わないが確実になるのはわかっているけど、少しでも藁になれればと思うので、

現在進行形で改善中の私の肌のこととか、一ヘアメイクとして肌の基礎知識を少しずつこのブログでも書いていこうと思いまーす(^.^)

 

 

 

今回は基礎知識どころかなんにも見になる話し書けなかったけど(笑)

 

まあいいか(笑)

 

 

see ya❤︎❤︎