青の作品の話し


タイトル考えるの苦手です。

しかも8割書き終えて、間違えて消してしまってまた書いてます。

なんだこの気持ちは(´・_・`)

 

 

 

 

まあいいや。青の作品とは、これ。

image

image

 

元々のデザインは私がやったものですが、2年前?にメイクで入らせて頂いたHIROKIさんナンバーの作品を撮影用にリメイクしたものなんです。

 

 

 

 

 

この青とシルバーと白のコントラストがめっちゃ好きで、普段作品撮りでロケ撮はあんまりしないんだけどこの作品は絶対ロケ!!って決めてたのでちょっと珍しい仕上がり(^.^)

 

HIROKIさんの作品リメイクして撮影してもいいですか!!?と意気込んで話したら、

いいよ〜〜❤︎❤︎とゆるく快くオッケーを出して下さいました。

HIROKIさんいつもありがとうございます。

 

 

 

この作品はデザイン最終決定するまでに時間がかかった色んな意味で思い出深い作品で、

お客様が求めているニーズに必死になって食いついていかなければならない

ということと

自分が飯食ってる間にもお客様は秒単位で進化している

ということを学んだ作品でした。

 

 

 

 

 

そこで恥ずかしいけど当時のメイクの写真を見てみましょう。imageimageimage

こんな感じ。

青と白とシルバーで光ってる感じが自分で言うけどめっちゃお気に入り。

 

 

 

 

これね…なんだったかな。

HIDE&SEEKだったかな…イベント真っ最中にHIROKIさんと話してて、その時に

またメイクお願いしたい!今度は白と青で流れる感じがいい〜❤︎

ゆるい感じでHIROKIさんからオーダー(チリンチリン)

 

 

 

 

 

 

その説明を受けてその場でぱっと思い浮かんだのはこれ。

image

これとあと2つくらい送ったけど、本命はこのデザインだった。

まあこれじゃ舞台映えはしないからもっと詰めて…ラメとか可愛いかも!とか思ってたんですけど、

 

 

 

 

返って来たのは「可愛い!…けど今回はちょっと違うかも」の言葉。

 

 

 

あの時はショックだったのかなって思ったんだけど、今思えばショックじゃなくて焦りだったのかなあ(´・_・`)

前の作品はほぼ一発オッケーだったから、「なんだこんなものか」って思われちゃったかなって。

当時は1つの失敗も許されない!みたいなよくわかんないものを勝手に感じてたから、多分焦りだろうなーって。

 

 

 

 

それから何度もデザインし直して画像送って直して…の繰り返し。

途中でHIROKIさんはこれ素敵!ありがとう!って言ってくれたけど、自分が納得いかなくて、元から派生したやつとか全く違うやつとか自分の中で冗談抜きで100個くらいデザインして、結果上のものになったんですよね。

 

 

 

 

ごめんなさい、私の文の書き方が下手だから頑張った自慢みたいになってるんだけどそうじゃなくて、

当時の自分は“チョコレートを砂糖と蜂蜜に漬けて食べるくらい甘かった”

っていうことで、本当に自慢とかじゃないんです。すみません。

 

 

 

なにが言いたいかって、お客様のニーズに必死に喰らいつく覚悟とお客様も進化するってことなんですけど。

 

 

 

 

 

だってね、私の周りは本当に素晴らしくて心の底から尊敬する人達ばかりだから。

その方々にTHE凡人の私が着いていくには、喰らいつくくらいじゃなきゃ提供出来ないんですよ。

 

 

 

 

特にHIROKIさんは私が15の時からお世話になってる方で、大切っていうのもあるけど、

周りの方はご存知の通り本当に頭のなか1回目割って見てみたいくらい思考回路が凄いことになってるお方なので。

 

 

 

 

 

コレオグラファーが絵描いている世界観や思いをナンバーの皆さんが必死になって表現出来る用にと練習してるのに、

そこで中途半端な提案とか、覚悟で私は絶対向き合いたくないから。

 

 

 

 

その思いが更に強く、また自分は甘い!!と勉強させて頂いた作品でした。

 

 

 

 

…というね、そんなこんな思いれ深い作品ですね(笑)

 

 

 

 

 

 

ちなみにこれデザインし直している時に、加藤ミリヤちゃんの”あなたが欲しい”っていう曲がかかって、

それでロケ撮にしたという裏テーマがあることはここだけの話し。

 

 

 

 

 

 

see ya❤︎❤︎